FC2ブログ

母子相姦、母子愛

筋肉熟女


筋肉熟女には 偽乳多いんだけどこのヒト
タカセミドリ は本物
Ebody だっけかな 元々は
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

切ない母との交わり


僕は上半身を起こすと同時に
母の片足を持って上に上げた。
はちきれなんばかりのペニスの先そして
黒ずんでヌラヌラと濡れた母の陰唇が目に焼きつく。
そのまま後から母の片足をもっとあげさせ
大きく開いたまま挿入角度を決める。
母の足が上がった分不安定にはなるけど、
母の羞恥感は薄まり、顔を見られてない分
諦めたように、僕のなすがままになってくれる。
3jqud.jpg

前から伸ばした指先で乳首をいじくり、
赤く膨らんだ真珠を撫でまわしながら、ペニスを
沈めていった。
母の豊な腰を抱え長さを一杯に感じる様に
前後に出し挿れする・・・・ゆっくりと。
入れる瞬間大きく膨らみ中まで挿入。
引き抜く瞬間一呼吸おいて引き抜く。
側面全体を舐めあげているかのようなこの感覚。
立ち上がった状態でゆっくりと先だけを挿入したまま、
括れを押さえ上下に身体をゆらす。
挿入感を昂めつつながら、
母のあえぎ声の強弱を楽しんでしまう。
ゆっくりと確実に肉壁と摩擦感だけを楽しむ。
ピクって身体が動き、母の中が強く締まって来る。
すでに母の膣奥深くペニスを挿し込み、
赤い肉真珠を連続刺激すると
母の背中から腰にかけ波打つようにピクピクして、
肉壁が踊ってくるようだ。
この感覚はゆっくりと母にも伝わってっているようだ。
激しく腰を使い奥まで突き上げ一気に引き抜く。
ヒップの揺れや乳房の戯れがなんともセクシーで、
バックからの最大の喜びにつながった。
「気持ちいいよ、母さん」
(一度だけ!)
と僕に約束させ体を開いてくれたのだが、母の様子を
見ていると母ではなく女になりきっている。
「このまま出しちゃっていい?」
母は僕が何を言ったのか聞いていないみたいだ。
すでに母の内部は熱くたぎり、愛液で満ちている。
硬く勃起したペニスが無理なく内部まで出し入れできる。
このままいっきに駆け上がりたい欲望と、最後まで行かず、
ずっとこのままでいたいという思いとがぶつかった。
「母さん、好きだよ」
僕は心にもないキザな言葉を発したのだろうか。

ゆるゆると腰を動かしながら僕はまだ迷っていた。
自分でも(なぜ今になって。バカじゃないの!)と思ってしまう。
いや、母親を女として好きになりだしていた。
腰を使いながら僕は切ない胸の痛みに襲われる。
1247372172052.jpg

一週間が過ぎた。
まともに、顔を合わせようせずと母は僕を避けていた。
その本当の理由は僕じゃなく、母の方にあるのだ。

関連記事

今でも・・・


de372738.jpg

24歳です。
お袋(49)と関係して7年。
初めては、18歳になるちょっと前。
父が会社の慰安旅行の夜。
(たしか、土日連休だった)
SEXも何度か経験していた俺だったが
特定の彼女がいる訳ではなかったので、
「あの感触をもっと味わいたい」
と悶々として。

up3800a.jpg


お袋を相手に勃起を尻に押し付けながら、
一日中追い掛け回して頼み込んだ。
それをきっかけに。
最初、お袋も宥め賺しながらかわしていた。
最後は根負けして
「一度だけ。」
と姦らせてくれた。
終わった後は、二人して罪悪感に襲われた。
その時は
「これっきり。」
と思ったが、やっぱり性欲には勝てず
週末に父が居ないとお袋を追い掛け回し
犯ってしまうような事が続いた。
お互い今でも、
罪の意識は持ち合わせているものの、
ただ肉体を重ねその快楽を知ってしまったら
二人きりになると会話をしていてもぎくしゃくして
母と子としての間が持たなく、
手っ取り早く肉体の会話、SEXで間を持たせるように
なってしまった。
だからといって母を一人の女として愛しているとか、
身心共に俺のものにしたい。
そういう気持ちは無い。
セックスフレンド?なのかも知れない。

up3800b.jpg


実際、若い娘とも普通にSEXしてきたし
母も父とは、月に1度か2度はしているという。
唯一、母の抱き心地がどの娘よりも心地良いし、
喘ぎ声も甲高い声と違って、男を充分に味わいながら、
喉の奥から搾り出すように発する声。
とてもいやらしく感じ一番興奮する。
昇り詰めた後の痴態を眺めるのは
征服感と満足感が一杯になる。
母も自分の肉体が若い男を満足させられる事が
オンナであること自信と喜びを感じるそうだ。
結局、愛より性の確認でしかないんにのが俺と母の関係。
もしかして母は浮気願望を俺で代償せいているのかもしれない。
そんなこんなで7年も姦係が続いている。
自分も暫くは母イヤラシイ声と乱れ姿を堪能していたいし。
up3800c.jpg
関連記事

< 無修正>わかい義母がおまんこが疼いてシャワーでオナニー・・・


< 無修正>わかい義母がおまんこが疼いてシャワーでオナニー
http://video.fc2.com/ja/a/content/20140906g0XULGHN
関連記事

高城紗香 五十路のお母さんに膣内出し 

932228P-17.jpg
932228P-01.jpg
932228P-04.jpg
932228P-11.jpg
932228P-12.jpg
932228P-13.jpg
932228P-19.jpg
932228P-20.jpg

すこし豊満ですが張りとボリュ-ムがある乳です
関連記事

my mom my love




douzo
関連記事

エロ動画


関連記事

伊藤りょう子


関連記事

恵と宏彰

101.jpg


「人でなし亭主」
「いるんだろ。」
「ここの亭主はお金を借りて\」
「返済せず逃げています。」
「借りたものは返す。」
「誰でもわかることをやらない人なんですよ~。」

お袋と俺は嵐が過ぎ去るのを
じっと待っていた。

親父は借金を残し蒸発した挙句、
工事中のビルから落ちて死んで
骨になって帰ってきた。
・・・借金を残したまま。

俺は夢をあきらめて働くことにした。
お袋ばかりに迷惑をかけられない。
そんな日々を重ねて暫くたったある日。

「ヒロくん、今度旅行にいこうよ。」
母親の恵は息子の宏彰にそう言い、誘った。
「え?だって」
「いいから。」
「もう宿も予約したし。」
関連記事

これから母と・・・

  < ̄`ヽ、       ./ ̄>
        ゝ、  \ ミ ⌒ 彡ノ ..,/´
           ゝ、 `( ´・ω・) /
             > ::::::::::ノ  
            ∠_,,,/´””
1105359.jpg

これから母と・・・


子どもって可愛いです。
女の子です。
実の母が自分の子どもを妊娠して
先日赤ちゃんがうまれました。
父は妊娠が解った時点で
「母とは一緒にすめない」
っていいうことで
自分たちが家を出ました。
戸籍上は自分の妹ですけど・・・。
何れこの子は自分の本当の父親が
誰かわかる日が来るでしょう。


その時はその時。


夫婦みたいな生活?というか母とは夫婦として生活してます。
関連記事

ある母子夫婦の告白(断り切れない母)

藤川真紀子b

私はある役場に勤める
46歳のシングルマザー。
息子の浩太(19)と関係してはや、4年。
ある時、
彼の部屋で近親相姦の告白本を
見つけた。
男性に対してどちらかというと奥手な私は、

(息子もそんな年令になったのか?)

などと感傷に浸る余裕はなく、
男性の事にしても経験が無いので、
毎日悩んでいました。
藤川真紀子c

ある日。
思い切って息子にその事を話すと、
モジモジしながら
「SEXがしたい、お母さんと。」
そう言い出しました
大人しい息子は私に似て
異性には奥手なようで、
「きっかけが作れない。」
と言い、驚くことに
「同級生に実姉と関係している人が居る。」
ことを話しました。
その場は、どうにか諭して話を
終わらせましたが、
そんな身近に近親セックスの
実践者がいることが
理解出来ませんでした。
そのことより
(他所の娘さんを妊娠させては。)
と新たな悩みの種を抱えました。
その一方、息子も私に対し
ギクシャクしていました。
私は、誰にも相談できずにいました。
答えの無いまま息子ともう一度
話し合いをもちました。
息子は以前と違い、何の躊躇も無く
私を求めてきました。
なぜ息子は
そんなタブーの世界に
興味を持ったしまったのか
理解できず・・・。
愛しい息子の願いとはいえ
考えもしなかった世界。
我が子に女の全てを見せるなんて。
その一方で
「悩みを解決出来るなら。」
といった感情も湧いてきて
結局、自分に
(一度だけなら)
と言い訳して
息子を受け入れました。
無論、息子は初めて。

藤川真紀子a



その性技は非常に稚拙。
自分自身極度に緊張し、
快感を得ることなど無く
ただ息子の放出をお腹の上で
受けただけ。
ですが、前例を作ってしまうと
断るのが難しくなりました。
息子が度々私を追い掛け
求める場面が度々になり、
はぐらかしますが、
縋るような息子に抗しきれず、
(もう一回だけ、今日だけ)
と応じて・・・・
毎日のように
受け入れていました。
休日などは欲望のおもむくまま、
彼のベッドで夜中まで
幾度となく貫かれて。
彼も私を何度も
逝かせようになっていて
果てしない性欲は
呆れるほどでした。
ある時など、果てても30分と
間を置かず
5つあったコンドームが底を尽き、
最後の3回は避妊もせず
精液を滴らせたままの
彼自身を私に挿し込み
中に入ったまま果てました。
最後はただの雌で
生で挿入されることに抵抗を
感じなくなっていました。
それ以来避妊してくれず・・・。

一年を過ぎた頃。

安全日であることをいい事に
迸りを直に子宮で受け止めました。
でもやはり子供が出来る
恐れから
口中とか、乳房ではさんだり
お腹の上やお尻、
そして後ろで直に考えられる
全ての場所へ迸りを受け
彼を誤魔化していました。
でも私自身は生で
挿入を許したあの日以来
(精子を子宮で感じたい)
と考え続けていたのも事実で
妊娠の恐怖との葛藤の末
自分から、腰を動かす
息子に向かって
「中にちょうだい」
とおねだりしました。
激情にかられ最上の恍惚感を
味わった私に、
次に襲ったのは恐怖感でした。
幸い妊娠はしませんでした。
が、それ以来息子とは間隔を置いて
交わるようになりました。
今でも、関係を積極的に
楽しむことはありません。
むしろ後ろめたさと後悔があります。
彼もそれは理解してくれているようで、
時折
「関係を清算しよう。」
と話し合いを持ちますが、
この話し合いが呼び水となって
なし崩しに関係します。

4年経った今。
この関係はタブーであると
認識しながら私たちにとって
生活の一部となってしまった感があり、
蟠りを感じつつズルズルと
相手の要求を受け入れるのが
義務である=夫婦=かのように応じてしまいます。
関係が続き
避妊することも余り無くなり
私自身の避妊手術を考えたこともありました。
しかし女で無くなるような気がして・・・。
息子との行為の前にはピルを飲んでいます。
危険な日はしない様にもしています。
確かに関係を持って次第に巧みになる彼に
嵌りそうな時期もありました。
が、息子を一人の男として好きになるとか、
最初から私たち母と子のSEXの相性が
よかったと思うことはありません。
あくまで、4年の歳月の間に
その行為は生活の一部となり、
徐々にお互いの身体を深く知ることになったのです。
本音の部分で
私たちの生活からSEXがなくなる事が
生活の一部が
欠落したように感じてしまうし、
反対にこの関係を続けて息子の今後に
響いてしまう事も解ります。
息子の本を見つけたことが切っ掛けで
女の喜びは手に入れましたが、
関係について初めてのときとは違う葛藤を
感じています。

藤川真紀子d


息子 浩太

一度超えてしまった関係を元に戻すことが
いかに大変なことであるか。
母と関係ができて4年以上。
この間、母と何度も話しては
最後のセックスだ。
と言って抱き合う日々が続いていた。
そんな生活の中で母も息子の私に抱かれることが
身体の中の不安定さを無くすことだと。
それからはごく普通の夫婦のように生活して
いると考えています
関連記事

旅行先で母を撮影してみた。

 azuY57WABgw.jpg
かれこれ数年になるかな。こういう関係を持ち始めてから。
京都府の笠置にいったとき。
母を撮影してみたんだ。
 
勿論、このあと母と・・・。
関連記事

相姦地獄・・・奈津子

ある昼下がりのこと

LP5UTc.jpg

「母さんスキでたまンない!」
と喚いた息子にベッドに押し倒された。
一瞬何が起こったのかわからず、
ポカンとなった奈津子だけど、
慌ててバタバタと暴れ出した。
体に乗った息子の唇が、奈津子の後ろに吸い付いてきた。
ますます混乱しながらも、
ありったけの力を出して押し退け、
「バ、バカなことしないでっ!」
と言いのこして、息子の部屋から逃げ帰った
息子の暴挙を、
なぜあんなマネをしたの?
と問い糾そうかと、母が思い悩んでる間に日が過ぎた。

LP5UTa.jpg


息子の悠太はと言うと、
スキと言わないで、シようッ!とダイレクトに迫った方が、
デキたかもネとか思ってルだけで、イタってカルイ
母と子の日常が、息子の暴挙に関らず元に戻ったような
平静さをみせるが、
そう単純にはいかない。

LP5UTb.jpg


表向きは何もなかったように
振舞ってもじわじわと、奈津子の心根が溶け出してしまう。
別な言い方だと
“分離”
してしまっていた。
心と身体がここへ来て交ってしまい、
溶けるところは柔らかくなり、
ふにゃけていたところは緊張が戻って堅くなった。
簡単に言うと、オンナを取り戻した
そんな母に反しいたってお気楽な息子は、

“母親が忘れた頃にチャレンジしてみようカナ”
位の気分でいる(MORE・・・続きます)
関連記事

去年の母の日に

houmann

中二です

去年の母の日に。

想いを告白しちゃいました。
はぐらかしの一年、諦めていたのですが、
今日(母の日)
カーネーション贈ったら
母は意味ありげに、
「まだ、お母さんのこと・・・」
と、聞かれました。
関連記事

高木みづほ



http://asg.to/contentsPage.html?mcd=UJ0Aj1IrkJWdQHsT

((^^)) ゆるしてちょんまげ♪
関連記事

あぶないKiss 好子

vlc_recYoshiko 0000050

初めて
女の子を部屋に連れて来た。
少し喋ってから、

vlc_recYoshiko 0000520

関連記事

愛の終焉2

都内で下宿をはじめた
息子の方が町に戻って、
母親の恵子と、
昼過ぎに駅前の公園で
待ち合わせた。
H_11


(いつもどおり、
ラブホテルに直行するのか?)
と思ったが、息子は
その前に
「なにか食いたい」
と言う。
ふたりで町を歩くのは久しぶり。
恵子は少し
華やいだ気分で信夫と
寄り添って歩いた
駅前通にはカップルが
大勢いた。
彼らと同じように
恵子と信夫は
並んで歩き、
恵子は、以前に
感じた罪悪感を
まったく感じない
ことに気がついた。
以前は、
息子に誘われて
「嬉しい」
と思うそばから、
かなりバツの悪い
思いをしていた。
実の息子に
性愛撫される自分を
恥じていた。
けれども・・・
関連記事

龍神温泉-運命のいたずら

母と息子の縁とは
不思議なものだと
申しますが、
今回
ご紹介致しますお話は
小さい時分に
生き別れた母と子が、
それと知らず
契りを結び
当然のことながら
二人の間には・・・。
(^^)

clp0001.jpg

血の繋がりがお互いを
呼び寄せるのか、
母は
生き別れた我が子と
感づいていたようで
しかし、敢えて明かさず
息子は実の母と知らず
歳が離れた彼女として愛し
契りを重ねるうちに
母の胎内には命が宿り、
そして母は我が子の
子供を産むことと
愛人である実の息子との
別れを決心します。
この母子の行く末は・・・。
はてさて
(回想録形式にしますた)
kappa_20090823042616.jpg
関連記事

親友と母と

wakige名取美知子
その週末も、
あいつはやってきた。
誠司は食卓を囲みながら、
嫌な気持ちを顔に
出さぬよう努めている。
あいつというのは
誠司の友達で、隆文。

関連記事

豪(たけし)と母、良恵



豪と良恵

Clip0270.jpg



息子の豪は母の良恵が好きになり、
思いあまって打ち明けた。

関連記事

母がオンナに変わるとき

母がオンナに変わるとき

up1585.jpg

母、喜美子と私の事。

父が家業を辞めて勤め人に。、
アパートで新しい生活を始めました。
しかし、その生活も永くは続かず・・・。
1年後。
父は交通事故で亡くなりました。
その時私は22才、母、喜美子が42才でした。
母と二人で暮らす様になってから、
それまで考えもしなかった妄想に取りつかれ。
喜美子を私のセフレにする事でした。
関連記事

新近親相姦遊戯母と子_no28

お気に入りなAVです。 綾○智絵似の気さくなオバサンキャラが魅力の三木藤乃。 彼女が息子と禁断の恋に陥る母親役を熱演!! http://duga.jp/ppv/gm-globalppv-0052/ ここ↑からどぞ 階段に座り込む藤乃の横に座る息子。 「へえー親父、こんな豪奢な家、持ってたんだ。」 「母さんにお置き土産か。勝手に離婚を告げて出て行ったからな。」 その世。 「母さん、母さんは俺が守るから。」 彼は母親とベッドに向かい2人は生々しいセックスへと なだれ込む。 一旦、禁断の関係への箍(たが)が外れた2人。 その日から・・・・・。
お互いを貪りあう二人。
オイルを塗ったりありとあらゆる行為に没頭する。

息子は悶えまくる母を押さえつけ精液を注ぎ込んでいく。
ぶじゅ、ぶちゅと音を立てて・・・・。

母は 「コレが私たちの新しい母と子の関係。
メスの欲望が芽吹いた瞬間だ」 と思う その母の局部からは 収まりきらなかった精液が膣をえぐる肉茎の隙間から 噴出していた。
143sbd00059-7.jpg
http://duga.jp/ppv/gm-globalppv-0052/
関連記事

息子の求愛

「私は誰かに監視されている・・・。 」
そう感じていました。
部屋を掃除しているときや
洗濯物のなかからショーツが
よく行方不明になりますし
snapSDB28_9.jpg

トイレやお風呂を使っているときは特に
視線を感じました。
ある時。
なにげに、視線をうつすと
息子と視線があってしまいました。
犯人が彼だったとは。
snapSDB28_4.jpg

今まで彼女を作ることもなく
年上の女性がタイプなのは知っていました。
おそらく経験もないはず。
でもその年上の女性というのが
母の、私だったのです。

snapSDB28_3.jpg

数日後。
ルビングで彼と話し合いをしました。
思い詰めた表情の息子でしたが意を決したように
「初めての女性は、母さんじゃなきゃ駄目なんだ。」
当然実の母である私は
「私たちは、血を分けた実の母と子。」
「できる訳が無いでしょう?」
それでも
「そんなこと解っているよ。どうしようもないんだ。」
「教えてくれ母さん。」
必死に訴える彼・・・。

snapSDB28_6.jpg

母と子でなくても必死で訴えられれば心を動かされます。
まして実の母と息子なのです。
それに・・・主人とはこの子が幼いとき
離別していて性的に満たされていませんでしたし。
そう考え始めると
(昔は母が息子に身体を与えた話もあるっていうから)
自分への言い訳を始めました。
決心した私は寝室に息子を誘うと
関係を結んでしまったのです。
どこでおぼえたのか稚拙ながらも
女性器への愛撫やバストへの愛撫。
等々
最後には我を忘れかれにしがみついて私も
登りつめてしまいました。

一度そうなると川の堰が切れたように
キッチンで、リビングでと
獣欲を満たす母と子でした。

避妊ですか?
していません。
先日も快感の極みのとき
彼は私の胎内に溢れる男の精を放ち
私もすうっと堕ちていきましたもの。

関連記事

僕も・・・・・。

2.jpg


神奈川県の男子学生です。

最近、お母さんとセックスするようになりました。
関連記事

桜・・・母子夫婦




1249136231495.jpg



それは
高校に入った年の夏。

母は40歳。
仕事中に軽い貧血を起こした。
幸い、病院に行くこともなかったが、
それを知った僕は
“母親を守らなくては。”
という強迫観念に憑り依かれ
思い詰めることになる

彼が一泊旅行に誘ったとき母親は彼の
目的を理解した。
約束した日までの一週間
ものすごいスピードで女としての時間が
逆回転した。
10歳も20歳も若返った。
気持ちに変化があったわけではなく、
肉体の細胞が入れ替わったようだ。
たった一週間で、全身の皮膚がそっくり
入れ替ってしまった。
艶を帯びシットりとなり、
白髪が消え黒髪まで蘇る
表情も穏やかになり、眼に輝きが戻る。
そんな肉体の変化に驚いたのは本人で
怪訝そうな素振りを見せる。
母を誘ってしまった息子も、この一週間で
何度も脱皮を繰り返し男になろうとした。
頑張れば頑張るほど、彼女の怪訝な素振りが、
ひどく魅力的に感じる
関連記事

お母さんへのラブレター

08.jpg

前略。
本当にマジに、付き合ってる今彼女よりも
母さんの方が好きだとわかったので、彼女と別れました。
なので、今度の日曜、デートしてくれせんか?
親愛なる息子より。

たまにしか会えなくなったね、マー君。
そのたった数時間、心の中でずーっと「スキ」
を言い続けているだけの私。
この前会った時、「抱かれたい」ってホントに強く思いました。
あなたの新しい恋人越しにしかちらちらと見ることができない私。
きっとこんな気持ち、あなたにバレたら軽蔑するに違いないから、
ここでしか言えないけど
あなた、まだ私のこと、女として思ってくれてるの?
06.jpg
関連記事

母をバイブで。

私は26歳。
母とセックスをするようになって5年。
今、母は51歳。
初めての時は46歳と21歳でした。
父はゼネコンに勤務、
年中現場へ単身赴任の連続。
母子家庭のような状態が続いています。
母と初めてセックスをした時、私はまだ学生。

nue061004.jpg
関連記事

魔の刻

昔、こういう映画もありましたね。
ここで販売中
http://broadband.biglobe.ne.jp/vstore/contents_single.do?SC_ContentsID=45154

日のあたらない邦画劇場
 より 転載

http://home.f05.itscom.net/kota2/jmov/1999_04/990438.html
6aa933a9.jpg

実の母親・岩下志麻と肉体関係を結んだ一人息子・坂上忍が、
その母親とかけおちしようとしたが断わられ、ヤケを起こして
ド田舎のとある港町に住み着く。
ちょっとイイ男である息子は、そこで漁船の船長の娘・岡本かおりに
惚れられたが、
彼女には婚約者・山田辰夫がいたため、山田のパシリに刺されて負傷する。
息子が飛び出した後、志麻は、世間体を憚り離婚をしたがらない
エリートの夫・神山繁と決別するために、その亭主に買って貰った
アウディをぶっとばして息子の後を追いかけ、
猫なで声で息子に甘えてヨリを戻そうとする。
最初はイヤがっていた息子であるが、美人の志麻が
他の男とくっつきそうになると急にヤキモチを焼いたりするので
未練タップリの模様。

関連記事

花母#284「今日は口で出して終わりにしてくれる?」

♂の告白


珍しく母親が応援に来たサッカーの地区大会で、
試合の最中に転倒し大腿骨を骨折、
救急車で病院へ運ばれた。
診断の結果は、すぐ入院して手術をすれば、
一週間ほどで退院。
hanahaha02.jpg

関連記事

中学生の時、母と

僕は中学生の時、当時38歳の母と経験しました。
黒髪を伸ばし細面、目はクリッとして爽やかな感じです。
友達の誰もが
「お姉さん?」
と言うくらい、若く見られます。
父は小学生の頃から帰ってこず
今も母と二人暮しです。
僕がオナニーをしている現場を夏休みの蒸し暑い夜
見つかりそれ以続いています。
m12.jpg


夜10時頃
母は、寝室に入っていました。
関連記事