FC2ブログ

他家の近親相姦

オイルでもだえる熟母


スポンサーサイト
[PR]

母さんの膣穴


up1379.jpg
この女の人の膣穴から
自分が生まれてきたのだと思うと、
これほど興奮をそそるものは
ありませんでした。
母さんの膣穴に思い切り射精してしまうと
ウソのように、気持ちが冷めていきました。
柔らかくなりかけた僕のペニスは
まだ母さんのの中に入ったままで、
母さんは目を閉じて、肩で
大きな息をしていました。
でも、母さんのあそこは
まるで生き物のように、
僕のペニスを2秒おきに
締め付けていました。
僕のペニスがまた大きくなって
きたので、こんどは後ろからしました。
中出ししたので、終わったあと
母さんは風呂場のシャワーでずっと
洗っていました。
次の日から、2日ほど、
母さんとは会えませんでした。
いったん家に帰って、
とりあえず仲直りしたようでした。
3日目にまた母さんが来ましたが、
「泊まっていけないから」
って言うので、
アパートのドアの所で
母さんを後ろ向きに立たせて、
スカートをめくって挿入しました。
妊娠が怖いというのでので
外に射精しました。
次の週末から
母さんが昼間にきてくれて、
ほぼ毎週のように
セックスするようになりました。

-----この関係はやめられないと思います。

実母の誘惑息●の性 25

Japanese Mother Gets Seduced 25 provided by PORN.COM


Japanese Mother Gets Seduced 25
https://jp.porn.com/videos/japanese-mother-gets-seduced-25-3185367

熟母のアソコに息子の指がログインしますた(モザあり)


熟母のアソコに息子の指がログインしますた(モザあり)
メールアドレスだけで 会員になれば投稿もでき 動画再生ポイントを貯めると
おこづかいがせげます。
無修正沢山うpされてます。

マッサージ 熟女近親相姦四十路

エロイビデオ見つけた~

妻と息子



クリップボード01

妻の様子がどうもおかしいので
浮気でもしているんじゃないか?と隠しマイクを設置し、録音しておりました。
妻にタバコが切れたことを口実にして自宅を空けさせ
録音された物を再生しました。
明らかに浮気しているようでした。
男との生々しい情事の様子がありありと判ります。
ただ男というのが問題でした。
なんとなれば相手というのが驚くべきもので、
妻の浮気相手の男は、“私の実の息子。”でした。
まさか実の母と子が・・・知識としてそういう関係は承知していましたが、
自分が当事者になろうとは思いもよらないことです。
録音された、妻の声は私の時以上で、
生々しい状況がありありと判るものでした。
それでちょうど帰宅した、
妻に録音した声を聞かせました。
「どうしてこんなことするの?」
と怒っておりましたが、
「いいじゃないか、親子で仲良くすれば。」
「お前を、かまってやれなかった俺にも、落ち度はあるからな。」
そう言うと黙ってしまいました。
ちょうどそこに息子が帰ってきました。
「今な、お前とママのことで話をしていたんだよ。」
「いつからなんだ?ママとエッチ始めたのは?」
息子
「・・・・・。」
普通なら、ここで親子の間で修羅場になるのでしょうが
ある意味、私は妻の相手が“息子”であったことに安堵していました。
でも裏切られたことには変わりがないので、復讐してやろうと
心にきめていました。
“二人の関係を終わらせるよりも、関係を続けさせたほうが、責めやすくていい。”
と思ったのです。
それに私には、「近親相姦家族化」という妄想を抱いていたのでチャンスでした。
息子に
「隠れてせず堂々と、やればいい。」
「パパ公認だから、今日からママと堂々とセックスしてもいいぞ。」
と言いました。
当然責められると思っていた息子は
きょとんとして当惑気味に妻と顔を見合わせて、いました。
「3Pに興味ないか?パパとママと3人でセックスしたらすごく楽しいぞ?」
と誘いました。
そして私が隠し持っていた裏ビデオを持ってきて見せました。
私が、裏ビデオを持ってくるまで、妻と息子は話し合っていたらしく、
妻は
「堂々とセックスしてもいいの?」
と念押ししてきました。
「やりたい時に、やりたい場所でやればいいさ。」
「それにお前、もうひとり子供欲しいと言っていただろ。」
「こいつとの子供を作れ。」
と言ってやりました。
「さあ、早くやれ。」
「やらないなら、パパしたいから、ママを連れて行くぞ。」
妻は、開き直って息子を抱き寄せました。
そして目の前で、ついにセックスが始まりました
息子は緊張していましたが、開き直った妻は
私の存在を無視するかの如く、積極的でした。
まず始めに息子の頭を抱えるように抱きしめながら
「パパのこと、気にしなくていいの。」
「パパが認めてくれたからコソコソしなくていいのよ」
そう言いながら、息子とディープキス。
シャツを脱がせ、息子の乳首を舐め、パンツを脱がせて、全裸にすると
息子のモノに口を近づけました。
「ケイちゃんのおちんちん、いつもみたいに元気だからママうれしいわ」
妻は、私より立派なモノ!!を、いとおしそうに舐めていました。
「ママ、ストップ」
我慢できなくなったのか、息子がそう告げると、妻は
「じゃあ、今度はママを気持ちよくして!!」
と自ら服を脱ぎました。
ブラは息子にはずさせていました。
息子は妻の乳首を、大人のような舌使いで転がしていました。
上達した息子の舌使いに妻は、
「気持ちいい。」
と声をあげていました。
息子は乳首を舐めながら、妻のあそこを触っていました。
乳首を舐め終えると、妻のあそこを触り続けています。
顔を近づけたので、
「お、実の母の○んこをなめるのか?」と期待しましたが舐めることはなく指だけでした。
「ママのあそこを舐めないのか?」
妻は息子の愛撫を受けながら
「恥ずかしいから、いいの。」
と息子の代わりに言いました。
妻が仰向けになりM字型に膝を立てると、息子は自分のを握り、
ゆっくりと妻のあそこにインサートして行きました。
感動の瞬間に、私は激しく興奮してしまいました。
息子は徐々にスピードをあげながらグラインドを続けました。
妻は
「ケイちゃん、いいわ、いいわ」
と息子の身体に足を巻きつけ、深い位置まで挿入を求めていました。
その光景を見た瞬間。
私の近親姦家族化計画のために、やるべき課題が見つかったのです。
妻が妊娠しました
20170819080111d6d.jpg
あれ以来、ふっきれたように
妻と息子は、私の前でもセックスするようになりました。
休みの日、息子がゆっくり寝ていようものなら、
叩き起こして妻とセックスさせています。
すべて生で避妊させず中だしです。
9c272b56う

そう、妻と息子の子供ができるようにしているのです、
近親家族のために。
「妊娠してもかまわないから、お前と息子の子供を早く子供作れ。」
妻と息子がセックスしている姿を見て、声を掛け続けました。
そのかいあってか、そのことからしばらくすぎた今日。
私が会社で仕事をしているとメールがきました。
差出人を確認すると、妻からです。
「妊娠した。」
そうメールには書かれていました。
私は、望んでいたこととはいえ、仕事が手につかないくらい興奮してしまいました。
早く帰って、ご褒美のセックスを息子にさせたいのですが、
残業の最中で、まだまだ帰れそうにありません。
この場を借りて、妻に礼を言います。

7月出産予定です。
女の子の予定ですので、将来、私が処女を奪います。
息子には妻としか、させません。
性欲旺盛な息子は、妻のお腹の大きさに関心なく、求めています。

北陸地方に住むT君と 〇親

最近、母親とのハメ動画が増えました。
ナゼかな・・・?
実際に母親と関係を持つ人が増えてるそうです。
人にはなかなか言えない関係なので見てもらいたいのでしょう。

up3739a_2017010212205660e.jpg

母は、若い時に僕を産んでくれ、その数年後に
離婚しました。
僕は、父の事も覚えてないです。
それから母は、苦労して僕を育ててくれました。
現在、母は40代前半。
今は、母と2人暮らしをしており、
いつのまにか自然に関係を持つ様になりました。
今では、夜は夫の代わりをしています。
up1859.jpg


ただ、中出しはダメで、最後は、口内が多いのが
残念です。
亀頭でマンコをグチョグチョするの好きです。
ジラした後、一気に突くのが良いんです




注:予告なく、消す場合がありますので、ご了承下さい。

母とは本当に良いものです。



僕は
固くなったペニスを
ズボンの上から触らせ、
「スッキリしないと、
仕事もできなくなる。」
「とにかく、だめ!」
「急に帰ってきたりしたら!」
「じゃあ、鍵とチェーンを
かければいい。」
黙っていたので、とりあえず
鍵とチェーンをかけました。
「やっぱり駄目、帰る」
「絶対する」
の肩に手をやりました。
段々気まずくなってお互い
無言のままでしたが、
畳の部屋に連れて入ると、
「ほんとうに、するの?」
「本気だよ」

の服を脱がせた。
今からと出来ると思うと、
今までにない
昂ぶりを感じた。
僕も素っ裸になり夢中で
唇を吸い、
乳房を吸い、
アソコを指でさわりました。
借金のかたに身体を弄ばれている
人妻のように、目を閉じ
声も出しませんでした。
僕は罪悪感がでてきて
ペ○スが勃たなくなって
しまいました。
焦れば焦る程、萎んでいきました。
うろたえているのに気付いたは、
僕を寝かせ、口に含んでくれました。
僕は、の下半身を
顔のそばに引き寄せ69。
そのとき、母が初めて声を出し始めた。
自信がついた僕は、身体を起こし
正常位になると、
一気に挿入しました。
クリ

僕は無我夢中で腰を振りあげ、母も
腰をふりまくって
豪快に母の中に射精しました。
母は僕の射精を受けても、
膣穴をビクビクと震わせていました。
終わったあと
「いけない事って
判っているでしょ?」
と説教じみたことを
言っていましたが、
次の週末から、毎週掃除と洗濯に
来てくれ、
そのあとは決って、僕の
性欲処理を
してくれています。
当分、妻は帰ってこなくて結構!
十分に満足しています。
もし妻が帰ってきても、
やっぱり母とのほうが
興奮する。
母との関係はやめられない。
と思います。

母とし続けた想い出

母40歳、僕16歳 父は東北へ 単身赴任になりました。
夏のある日。
帰宅すると 仕事を終えた母は台所で料理中でした。
木

いつもはふざけて豊かな腰を摑み、
立ちバックエッチ風に股間を擦りつけ
じゃれると
「こら、やめなさい!」
と叱られて終わりなのですがその日は・・・。
art.gif 
「お帰り」
と言ったきり僕が為すがままに任せているのです。
(あれ?)
と思いつつも 股間が気持ちいいのでお尻の割れ目に
擦り続けていました。
小さな会社で事務員をしている母は、薄手のブラウズに
タイトスカートと言う装い、中肉中背 わりとグラマラス
ムチムチっとした体つきです。
up1379fab.jpg 

今までそんな母に「オンナ」を
感じたことはなかったのですが、
柔らかな お尻に擦り続けているうちに
僕の天正がうなぎ昇りになり、ブラウスから透ける
ブラジャーに興奮して服の上から胸を鷲掴みに
してしまいました。
母の胸を揉み背中に覆い被さるような体勢に
なりました。

「母さん すげぇ気持ちいいんだけど」
母の表情をのぞき込むと母は
瞳を軽く閉じ口唇を半開きにして薄く呼吸をして
彼女の動悸が僕にも伝わってきています。
母です-マサヤ1a 

その貌がまた興奮を呼んでさらに硬くなったアソコを
母の腰にこすりつけます。
「ハァっ …アフッ 」
次第に母の手は前のめりになり持っていた野菜を
シンクに落とし縁を強く握りしめています。

snpsht00714a.jpg 

母の腰が軽く突き出され僕はスカートとブラウスを
剥ぎとって母は下着だけの姿になりました。
光沢のある薄紫色のブラとショーツが目に入ると
僕は自身をこすりつけるのを止め膝まづくと
ブラとショーツの上から母の身体を撫でまわして
いました。
「母さん お尻かわいいよ」
思い切ってショーツをずらし下半身を裸にしました。
母の足の付け根には小さいころから見慣れた
見覚えのある淡い陰りと初めて見る鮮紅色の割れ目が。
006_20160911140902f46.jpg 
初めてみる成熟した女性のアソコでした。
僕は興奮のあまり実の母であることを忘れ
指を使っていました。
既にそこかはヌルヌルと納豆の様に糸を引いて
溢れんばかりの状態でした。
ゆっくり全体を掌で押すように
入口付近を撫でるとそこに腰を
押し付けてきます。
思い切って母の胎内に指を入れ掻きまわすように愛撫すると
母は
「んっ くぅ~ 」
と喘ぎ、大きくのけ反りました。
そんな母の姿にさらに興奮した僕は 
ブラジャーを右手で剥ぎ取りつつ
露わになったすこし垂れてはいるものの
ゆたかな母の胸を左手で揉みました。
up3740.jpg 
生オッパイはとても柔らかく
気持ちのいいものでした。
母も力が抜けて台所の床に崩れ落ち
僕はもう
「どうなっても良い」
と熱いキスをすると母もぼくを抱きしめ・・・。
さらにしようとすると
母が
「ここじゃダメ・・・ね」
父と母がいつもするであろう寝室へと移動します
寝室では お互いにすっ裸になり
露わな母の胸に吸い付きます。
母は僕の頭を抱きしめ好きな様に
させてくれます。
snpsht00621.jpg 

「もっと優しく・・・」
時々母は喘ぎながら僕に。
 もう母さんの胎内に挿れたくて我慢できず
「母さん 挿れたいよ!」
と聞くと
「したことあるの?」
「ううん」
「お母さんが貴方の初体験相手になるけど?」
「いいよ、そんなの」
「判った。でもね 出そうになったら言ってね」
「うん」
snpsht00160.jpg
僕のアソコはすでにギンギンで母の足を開かせると
腰をその間に割り込ませ母のアソコにあてがいました。
母は僕のモノをつかむと優しく導いてくれ
母の胎内に挿れました。
ヌルっとしてて、
なんか柔らかくて綿でくるまれたような、
それでいて僕のモノを吸い込むような
初めての感覚でした
AVで見たようにぼくが 腰を使うと
snpsht00154.jpg
母は「はぁっ」と喘ぎ僕が振るとそれに合わせて
母がさらに僕のモノを包むように腰を突きだします。
そんなことをされればすぐに気持ちよくなり
「あ だめ 射精(で)ちゃう」
そうい言い終わらないうちに
母の胎内に出してしまいました。
しかし母は挿入したまま腰を動かし続け
硬直が治まらない僕のモノを刺激し続けます。
snpsht00618.jpg 

2回目はまぁまぁ長持ちしましたが
あえなく発射。
さすがに元気がなくなると母は荒い呼吸をしながら
仰向けにねぞべっています。
「母さん・・・!」
僕が母の上に覆い被さると
母は優しく頭をなでキスしてくれました。
僕が母の身体から離れると僕が突いたあとの
開いて胎内まで見えるアソコから流れ出る樹液を
処理しつつ
「こら、胎内にだしちゃだめよ。」
「お父さんには・・・内緒だよ!]
snpsht00618_2016091115254759f.jpg 

こうして母と僕は、
父の単身赴任が終わるまでの2年間
お互いを貪りあっていました。
後で母から聞いた話ですが。
40歳と女盛りの母は欲求不満で
自分で処理しても虚しく かといって浮気は
ちょっととイラついていたそうで
僕がチョッカイをかけたのを幸いと
僕に手を出したそうです。
この項終了
元ネタ


母と叔母と

始めは母とだけ関係していた。

takagi_miduho.jpg 


takagi_miduho4.jpg

あるときに、叔母にばれた。

まずい!!って思ったけれども、

あにはからんや・・・・・。

叔母から関係を迫ってきた。

 clpbord03.jpg

もっとも、叔父の嫁だから

生物学的に血の繋がりが、ナイ。

最近、母と叔母、両方の胎内(なか)に
濃い樹液を射出しているので
それが心配なのだが。

clpbord04.jpg 

月夜に・・・母の熟れた果肉を


0006650973.jpg

実の母と抱き合っても、慣れないうちは
母の心と体が開く前に、一方的に終わっていた。
母の花芽が膨らみ、硬い蕾になりきらないのに、
我慢できなくなる俺は挿入を焦り、ガンガン
腰を打ち突けるだけ。
そんなだから母を行為に誘っても、しぶしぶ身体を
開いてくれてる感じだ。
もっと時間をかけて母の体を愛撫しなければと思った。

深夜。
静かに降ってた雨が上がり、満月が顔を出した。
約束の時間、足音を忍ばせ母が俺の部屋に上がって来た。
タオル地のガウンを肩から落とすと、母の裸身は
碧い月光に、ゴクンッと生唾を飲み込むほど妖艶でキレイ。
母のそんな裸身を引き寄せ、そっとベッドに横たえると、
豊かな母の乳房を揉みながら、熱の籠った接吻をした。

(焦るなよいつものように焦らず、入念に、丹念に。愛撫)
勃起しはじめるペニスから、無理に意識を反らそうとしている。

0006650971.jpg

「・・・どうしたの?いつもと様子が変よ?」
「焦んないで前戯をマスターしようかな?って」
「うれしいけどあまりいじらないで」
「こんなの、使ってみてもいい?母さん」
「いいけど、無理にしちゃイャよ、わたし」
「感じなけりゃスグ止めるから、母さん」

0006650972.jpg

コトが終わって母と息子ではなく 肉体関係を持つ不倫男女の
会話になった。

「最近、ちょっとヘンなのよ、私のからだ」
「ヘンって、まさかっ、妊娠したとか?」
「違うわよ。」
「たまにパパに体を触れられるとね、鳥肌が立っちゃって」
「すごく嫌なのよ」
「どうして?」
「なぜか判らない。変に思われちゃって」
「まさか・・・バレてないよね?」
「それはないと思うけど・・・身体が・・・。」
「我慢できないくらい?」
「ええ」
「どうしよう・・・パパに悪くて」

淫惑の母 42歳。byもんた

DSCN0592.jpg

(母さんの、割れ目!
痺れる頭で思った。
鼻が触っているのは真正面のところだ。
クリトリスというものがあるあたりだろうか。
初めての僕には何ともわからなかったが、
母の性器に鼻を押し当てているとい
う事実だけで昇天してしまいそうになっていた。
震えた。
そうしようという意識のないまま、鼻を動かしていた。

「んっ、ああっ、そこ感じる」

僕の頭を掻きむしりながら、母が泣きそうな声で言った。
自分が鼻をこねくりつけたことで感じていることを知った僕は、
もっとよく愛撫ができるようにと、秘毛の底に舌を突き刺した。
襞々が寄せ集まっているだけの感じしかないその粘膜は、
思いのほかしょっぱかった。

「あっ、ははあ~ん」

美しい母は切なげに腿をすり合わせ、僕の頭を掻き狂った。
今やっているやり方で、母がかなりよがっていることはわかるが、
それではまだ不満だという思いも僕にはあった。
性器のどこをどういうふうにして、やっているのか、全然わからない。
僕は腰にあてがっていた両手をビーナスの丘に寄せ、
秘毛ごと果肉を剥き開いた。
鼻にかかったよがり声を上げ、内腿を閉じ合わせ恥骨を小刻みに前後させた。
ぴちょぴちょと、粘っこい淫らな音が立った。
果肉を剥き開きはしたが、指をつかっているわけでもなく、
舌を動かしているわけでもなかった。
僕は口を離し、割り剥いた恥芯を見た。瑞々しい桃色の割れ目が
パックリと口を開け、
すぐ目の前には薄いセピア色の襞が舟形に開いていた。
その襞が落ち込んでいる桃色の割れ目はどっぷりと蜜にまみれ、
蜜は今にも滴らんばかりになっている。
淫臭はまぎれもなく変わっていた。
酵えたような匂いはいつしか消え、鼻腔を満たしているの
は何とも甘ったるい、「蜜」としか形容のできないものだった。
母が感じているのは間違いのないことではあっても、
どこをどうすればもっとよくなるのか、どこが一番いいのか
僕にはわからない。
実の母親と初体験することばかりが頭にあって、
具体的な性器のペッティングなど考えもしなかった。

「どこをしたらいいの。指がいい?お口のほうがいい?」
「あなたのチンチンがいいわ」
「それはわかっているけど、指でもやってやるよ、母さん」
そう言って僕は左手の指で恥肉を押し込み、右手の人差し指と中指とで、
割れ目の真正面をぬちぬちとこねくった。

「んっ、あんっ、あ」

と、母は鼻にかかった声を上げ、つかんでいる僕
の頭を支えにして右に左にと腰を振り立てた。
母のその動きで指はすぐはずれてし
まう。それに正面向きではちょっと
やりづらかった。
SPkSq.jpg
僕は左手でお尻をかかえ、体を少しずらして、中指を恥芯に潜り込ませた。
指はどろりと濡れた花芯に没した。
僕はにちょにちょと指を動かした。
DSCN0593.jpg
「ん~あっ、いや」

腰を低めたり腿を突っ張らせて背伸びをするようにしたりして歓びの様を見せた。
僕は指の動かし方を大きくした。
母の歓びの様も烈しさを増し、むせび泣くように股を打ち震わせている。
往復させている中指は、第一関節と第二関節の真ん中あたりまで
果肉にはまっていた。
その指の付け根近くまで果蜜に濡れている。
果蜜はあとからあとからあふれてきている。
(感じているぞ。母さん感じているぞ。ううう)
感じているのが自分のことのように思え
いや、僕自身、いつ爆発してもおかしくない状態だった。
しかしそうであって実際には爆発にいたらないような感じがあるのは
さっきと同じで、
初めて母をよがらせているという緊張感と感激が射精にストップをかけ
ているようだ。

胎内 (なか) 出し OKになった母



YouTube にこういうカテがあるのが (笑)

031.jpg

意外な母の告白




熱を出して寝込んだとき、お粥を作ってベッドまで持って
きてくれた母親の手を引いて、俺は言った。
「母さん、俺と一緒に寝てくれ!」
「い、いけません!こんなことは絶対」
しかし俺は母の言うことを聞かず、力ずくで母を辱しめ、
母の胎内で精を漏らした。
蜜のように甘い母の胎を一度味わうと、その味が忘れら
れず、母の部屋に入りたいと言ったが、きっぱり断られた。
しばらくして外国から父が帰国し、元の生活に戻った。

俺は父が外国へ再赴任するまで一年間、じっと待った。
父が居なくなり母を、母の実家の小諸のホテルへ誘い、
誘惑した。最初の日に、ふたりの為に、母に着て貰う為
ウェディングドレスを密かに用意していた。

ク 

あなた、母親を抱くってどんなことか判ってる?」
「今度抱かれたらあなたの女なのよ。」
「もう母親には、戻れなくなるの。」
「女に?だから、花嫁衣裳なの?」
「母と息子は、ぜったい結婚なんて出来ないの。」
「こんなこともしてはいけないこと。」
「きっとわたしたち罰があたるわ。」
「もう、私たちは獣以下ね。」
「本気で私をお嫁さんにしたいの?」
「なぜ、世間に顔向けができないことをするの?」
「男と女として愛し合っても結ばれないのよ。」
「きっと赤ちゃんだってできる。」
「その時はどうするつもり?」
「今からでもまだ遅くない。」
「これっきりよ。約束して。」
「あなたを好き。でも無理なの。」
「今夜すぐ、ふたりで家に帰りましょ。」
「ここに何時までも居られない。」
「だから。あなたのお嫁さんにはなれないの。」
「お嫁さんになれなくても愛してくれる?」
「身体はすっかり大人なのに。気持ちは・・・」
「でも私、まだよくわからない。」
「男の人に恋したこともないし。」
「あのヒト以外、あなたが初めて。」
「セカンドヴァージンを奪ったのはあなた。」
「生まれ変ったらお嫁さんになってあげるから。」
「あなたも早くいいヒト見つけなさい。」


中出し近親相姦。夜のお母さん美園順子


000_201603250112200cc.jpg
20分浦井のあたりが・・・GJ

個人撮影 母子相姦写真集

母のオナニ- 父親の入浴中に母と
mpg_000050033.jpg

mpg_000002233.jpg

i_000046040.jpg

i_000001040.jpg

1000109799.jpg

000048066.jpg

4066.jpg

i.jpg

にっかつ映画
「母娘監禁牝」
娘を連れ戻しに来た母親が、
息子くらいの少年と
2度レイプ同然でSEXしている。

簡単な内容
娘を連れて帰ろうとしたが、
3人の男達に開き直られ
母親は肉i体を要求されて、、
それを受け入れる。
リーダー格の男は、
自分は一番手にやらず、
年下の少年に最初にやらせる。
二番目はリーダー格の男が
バックから母親を攻め、
母親はこれを必死で耐える。
三番目は中年の男、
この男はリーダー格の男が中だししたので、
四つん這いのままの母親の性器を
ティッシュでこまめに拭き、
母親を仰向けにさせ
屈曲位でゆっくり攻める。
テクニシャンの中年男の抜き差しは
母親のツボを刺激し
母親は娘がいる前で完全に牝となり、
歓喜の声を高く上げる。
しかし中年男はそこで
最初の少年に
「代われ。」
といい、少年は再度母親と
正乗位で性交する。
母親は中年男により身体に火がつき
少年と交わったとたん低くそしてすぐに高い声
を発し、
少年の背中に爪をたて抱きつきイク。

01_201504272221460c0.jpg


http://www.h0930.com/sampleg/original/229/p ic/01.jpg

流出 母子交尾



Japnese milf and her sun
執拗になめまくりこすりつけてます。

母の・・・



Japnese milf and her sun

< 無修正>わかい義母がおまんこが疼いてシャワーでオナニー・・・


< 無修正>わかい義母がおまんこが疼いてシャワーでオナニー
http://video.fc2.com/ja/a/content/20140906g0XULGHN

近親相姦・美人の母親と息子・フェラチオ

mom's Posion




Mom'sPosion2


無○正www

肛 姦



本当にできるのかしら?
といまだに不安になる。
息子に初めて裸身をさらし、下半身を自由にさせている。
それも死ぬほど恥ずかしい後ろの方なのだ。
約束したんだからと覚悟した今も、まだ恐いし、
そんなことが可能なのかどうかと、
肉体も気持ちも縮んでしまう
snpsht00001.jpg

一年前。

旅行先で母を撮影してみた。

 azuY57WABgw.jpg
かれこれ数年になるかな。こういう関係を持ち始めてから。
京都府の笠置にいったとき。
母を撮影してみたんだ。
 
勿論、このあと母と・・・。

実母の誘惑・・・写真集



vlc00005_20120204193818.jpg

実母の誘惑

The mom ---- Satanic intentions



vlc00003_20120204193818.jpg


vlc00006_20120204193817.jpg


vlc00007_20120204193816.jpg

vlc00008_20120204193816.jpg
vlc00009.jpg



ママが手伝ってあげる

元ネタhttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/mature/1267829448/823
2ちゃんねるのPINK板
お母さんとのHな思い出

12873260410009.jpg

小学生の時。
誰もいない自宅の二階で親が買ってきた週刊誌のヌード写真をみながらオナニー中。
夢中で気がつかなかった、母が買い物から帰り、いきなり部屋に入り「いたの?」。
まったく無防備ですべてばれました。
母は近づいてきてベッドの横に座り「もうすぐ中学生だもんね」。
「・・・」
「ママが手伝ってあげる」と言って、ペニスをしごき始めました。

12873260410010.jpg


「だめだよ」と言いながら、あっというまに射精、精液が飛び散った。
母は、「大人になる証拠だから、どんどんやっていいのよ」。
一度きりでしたが、本当に驚きました。その後はなんにもありません。
あの時、母はなにを考えていたのか。
因みに、私の筆おろしは、当時、隣に住んでいた義理の叔母。
私は高校生、叔母は30歳前半。


近親相姦掲示板 ☆告白・相談・願望・妄想☆ 妻と息子ログ

妻と息子が・・・
投稿者:なさけない父
投稿日:08月23日(月)18時03分07秒

a10849b9.jpg


40歳の会社員です。
38歳の妻と14歳の中学生の息子と暮らしています。
非常に仲の良い家族だと思っております。
私も今まで浮気もせず、
妻だけを愛してきました。
今でも普段は、とても仲の良い家族です。
しかし、妻が浮気。
彼女の浮気相手とは息子です。
専業主婦の妻は、普段は家におります。
会社からたまに電話をしても留守にすることは
ありません。
最近、ちょくちょく家を空けることが多くなりましたが
《子供も大きくなったしいつまでも育児という訳にもいくまい。》
《好きなことをすればいい》
と思っておりました。

まさか自分の息子と関係をもっていたとは。
先日、急に体調が悪くなり午後2時ぐらいに
早退することにしたのです。

連絡したのですが、妻はいませんでした。
(妻は、携帯電話や車の免許も持っておりません。)

「やれやれ」

直接帰ることにしてバス乗り換え駅の改札口を出たとき。
20メートルくらい前を
妻と息子が歩いておりました。

(買い物かな?)、

後を追いました。
二人は自宅と反対方向のホテル街へ。

(何をしているんだろ)。

とにかく、体調が悪かったので
早く二人に追いついてタクシーで帰ろうと
後を追いました。
そのうち二人は、ホテルの一つに入って行きました。
何が起こっているのか理解できませんでした。
頭の中が真っ白、どうやって帰ったのかも覚えておりません。本当に情けない話です。
家で寝ていると午後7時くらいに二人は揃って帰ってきました。聞けませんでした。
具合の悪そうにしている私を、二人は色々気を使ってくれ世話をしてくれました。
ふだんの仲の良い家族でした。
これが、今年の6月2日、火曜日の出来事です。
そして8月5日
妻と息子が...しているのを見てしまったんです。
それも自宅で・・・

お母さんとのおもいで

mom



僕は、片方の手でお母さんの膣を弄りながら、もう片方の手もパンティの中に入れ、
お母さんのワレメの前の方を刺激したり、お尻の穴の方を触ったりした。

up1503f.jpg


すると、お母さんの身体が、明らかに反応しているような素振りをしていることに気づいた。

up1379f.jpg
(まだ画像あるよ見たい人↓)

先週から母と・・・・・2006/08/11(Fri)純一郎

o0800060010918924301.jpg

僕も母とセッ○スするようになりました。
僕は20歳。母45歳。父は仕事で年中単身赴任です。
僕が母と初めてセッ○スしたのは先週の土曜日。

母と二人1泊の予定で田舎の墓掃除に行ったときのこと。
盆休み前でどこでも空いてないだろうけど
ビジネスホテルなら・・・
と思って泊りの予約無しで出かけました。

ところが田舎の近くのホテルは何処も満室で、仕方なく街を出て
やっと10時過ぎに空いているビジネスホテルを見つけました。
ところが実際に中に入ってみるとそこの造りはラブホテルです。

離婚して家を出た母

母子相姦日記マサヤ借用編集
離婚して家を出た母親の事でずっと悩んでいたが、
俺が家を出て一人暮らしを始めてすぐ、どこで調べた
のか、突然俺のアパートに訪ねてきた。

去年の母の日に

houmann

中二です

去年の母の日に。

想いを告白しちゃいました。
はぐらかしの一年、諦めていたのですが、
今日(母の日)
カーネーション贈ったら
母は意味ありげに、
「まだ、お母さんのこと・・・」
と、聞かれました。

母と結ばれたい・・・・・蜜母



 
仕事から帰り、 母のパンティーを臭いながら
オナニーをしようと思ったら、 パンティーが無かった。

ベッドの下のアダルトDVDが 綺麗に整理してあった。

「やばい。見つかった!」

母と二人で車に乗って 買い物へ行く途中。
工場の空き地に止め 母にキスを迫った。
僕はまだ女性と 性行為をしたことが無かったので 慌てていた。






vch0172.jpg


いつの間にか、母が僕のチンチンを 握っていた。
ブラジャーを取り、 オッパイを鷲掴みしていた時、
チンチンが気持ち良くなり 僕はたまらずオッパイにめがけ
精子を放出してしまった。
そして・・・・・・。

(続きは↓のMoreから)