FC2ブログ

2008年04月

妻と息子 京阪男 投稿日:2005/11/21

p-10.jpg
妻の様子がどうもおかしいので
浮気でもしているんじゃないか?と隠しマイクを設置し、
録音しておりました。
妻にタバコが切れたことを口実にして自宅を空けさせ
録音された物を再生しました。
明らかに浮気しているようでした。
男との生々しい情事の様子がありありと判ります。
ただ男というのが問題でした。
なんとなれば相手というのが驚くべきもので、
妻の浮気相手の男は、“私の実の・・・
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

母との別れ

今にも降りだしそうな曇り空を眺めつつ、
浩介は、何度目かのため息をついた。
今月に入ってからずっと雨。
こうも悪天候が続くと、唯でさえ湿りがちな気持ちが
尚更暗くなるようだ。
「浩介! 浩介はいるかや」
「今降りていくから。」
階下で祖母の叫ぶ声に応え、やれやれと腰をあげた。
愛知の祖父母の家に浩介がやってきてから、
三ヶ月あまり経っていた。



元ネタ
ぴんくちゃんねる(2ちゃんねる) エロパロ板
母親が他人に犯される小説(創作)スレ 7 母との別れ氏 作

http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1183549468/

関連記事

硫黄島からの手紙

産経ニュース硫黄島より手紙が届くから転載
硫黄島から60余年の歳月を経て家族の元に戻った松川正さんの遺品の手紙

12/08 12:31更新

 太平洋戦争の激戦地・硫黄島

戦死した兄から、60余年の時を経て「手紙」が届いた。
神戸市在住の松川正二さん(81)は今年3月、米・ニューヨーク州に住む
元米兵から古い手紙の束を受け取った。
手紙は、戦死した兄・正さんの遺品。
元米兵は、戦闘が繰り広げられた昭和20年の硫黄島
で手紙を拾った。
開戦から今日で66年。
正二さんは「これまで兄がどこで戦死したかも明確に解らなかった。
手紙を受け取り、長い戦後が終わった。」
と話している。

(神戸総局 杉村奈々子)
関連記事

息子のアパート 夢木蓮3

24824.jpg

アパートの一室。
物憂げで午後の柔らかく明るい光が射し込でいる。
ベッドで繰り広げられる恥態を演じているのは
実の母と息子。

関連記事

蛍-Hotaru~夢目蓮2

少し遅い夕食後。

hotaru1.jpg<



「ホタル祭りへ行こう。」
と誘われ、私は慌てて浴衣に着替えました。

数ヶ月前。
主人は病状が悪化してついに帰らぬ人となりました。
酒屋を継ぐため、大学を中退して戻ってきた息子は、
地元の祭りの様子を見ておきたいと思ったようでした。
境内に入ると、祭りのざわめきはすでに過ぎた後で、
ちらほら若いカップルが
そぞろ歩きしているだけでした。
少ない夜店もほとんどが店仕舞してました。
「ホタルはどこ?」
「あっちの伝馬川じゃない?」
「ほんとにいるの?」
「どうかしらね。」
「ねえ、腕を組んでもいい?」



関連記事

隆史と絵理奈 

u041.jpg
中学生の隆史が三ヶ月間の
洋上スクールに行きたいと言う。
費用が40万ほどかかるが、夫が賛成してくれたので、
母親の絵理奈も同意した。
息子の狙いは好きなボーリングに
明け暮れることだったようだ。
インド洋を周って帰ってきた息子は、
一回りも二回りも大人になって
帰ってきた。
身体も気持ちも逞しくなったようで、
色んな国の若者と触れ合った
共同生活がよかったようだった

関連記事

浩と母、依子

u032.jpg
息子、浩と母、依子は
彼が小学生からサッカー少年団で活躍し普段から、
仲良し母子。
母親は息子にベッタリくっついていた。
そんな関係もあるのか
ごく自然に母子の垣根を越えてしまい・・・・・。
関連記事

蒼白い月・・・・・浩介と依子

浩介は今更ながら考え込んでしまった。
深夜街ですれ違った同級の女の子が
「ニート、キモい」
と言う陰口を後ろから耳にして、落胆した。
その通りだから今更だが
“キモい”とまで言うかと腹を立てた。
でも、すぐ忘れてしまう。
こうなると一種の対人恐怖症である。
そもそもの原因は・・・・・。
にゃんのかコラ



関連記事

相姦の殺意

006.jpg
憎い義父の寝顔を見下ろしていた俺は、
だらしないその寝顔に薄いタオルをそっとかけると同時に、
両手で握り締めた包丁を、一気に左胸にうちおろした。
(手際がよすぎるか?)
義父は何の反応も示さない。
(念のため。)
と思って、差し込んだ包丁を引き抜いた。
ピクリとも動かない。
(あっけないもんだな)
関連記事

時には娼婦のように

u021.jpg
信用金庫に就職が決まり、その職場の歓迎会で調子に乗り
三次会まで付き合い、酩酊状態で帰宅した。玄関で意識を
なくした俺を、母が部屋まで連れていってくれたらしい。
その後のことはぼんやりした夢の中のできごとだった。

ズボンを脱がされると、俺は母の体に覆い被さった。スカート
を捲くって、母のパンティを引き降ろした。母親の股間に腰を
入れると、ズブズブッと勃起が沈み込んだ。腰を何度か使うと
まもなく射精をはじめていた…
翌朝は何事もなかったように出勤した。母の様子も変わりない。
関連記事

深夜の団体バスで


233_003_1.jpg

野球で遠征試合をする事になり、
深夜バスにPTAの役員の母と同乗することになった。
父兄は母の他に男性二人だけだ。
バスの最後部で、母を窓際に座らせ、
バスの振動にウトウトしていると、
理由もなく股間が膨れてくる。
(こんなチャンス、二度とないだろう。)
と、母の右手首を握って、勃起したペニスに引き寄せた。
気になるのは、運転手のバックミラー越しの視線だが、
大丈夫だ。
母は一瞬動転して、手を引こうとしたが
観念してじっとなっている。
バットを握るのが商売の俺に敵うはずもなく
諦めて俺の火照った肉バットを握ってきた。
関連記事

孫を代理出産する50代の母親

005.jpg
結婚を前提に同棲している彼女が、
沖縄の実家に、一ヶ月帰省した時、
様子を見に来た母と肉体関係ができてしまう。
自分の車できた母が、俺と海辺を散歩して
「ロマンチックな気分になった。」
とか言って、夜になっても
なかなか帰ろうとしなかった。
思わせ振りな素振りを見せたのは彼女の方だ。
際どい一線を越えてしまうと、
後は欲情丸出しの男と女。
激しく身体を絡み合わせてしまった。
妻の不在時の浮気はよくある話だが、
相手が実の母となるとまた、話が違ってくる。
おまけに妻より母のほうが具合が良いときた。
さっきのニュースの代理出産、あれどういう意味?」
「お母さんが娘さんの代わりに孫を産んだということ。」
「意味よくわかんねぇよ」
「いいことだと思うわ」
「そんじゃ、息子の代わりもありかよ?」
「いいんじゃない、あなたの子供を産むのも。」
「できねぇーだろ?」
「あら、私はまだ月のモノはあるよ。
関連記事