FC2ブログ

2011年11月

2011_11_26産経新聞主張「羽毛田宮内庁々官発言「女性宮家創設

はっきりいって 不毛なのだが

羽毛田 信吾、宮内庁長官が野田内閣総理大臣に対し

「現在、皇室の皇位継承については皇室典範の規定により

男系の男子のみ」とされているが現状を鑑みるに、」

「安定的な皇位継承という観点からは

甚だ、心許ない、

『付いては女性宮家の創設も視野に入れた典範改正の議論をお願いしたい。」

と要請した件について


(^_^メ) ピクピク
う( ̄○ ̄)る( ̄◇ ̄)さ( ̄0 ̄)い( ̄△ ̄)ハゲ


と想ったかどうか、

2011年11月26日の
産経新聞は酷かった。

産経抄 氏は、
徳川 家宣のブレーンであった

新井 白石、折りたく芝の木(桑原武雄 訳)
を引用して白石と家宣の決断

つまり

「御三家のように、宮家の創設=血のスペア=をなし、今上陛下はその増やされた閑院宮系

であるから、先見の明があった。」

と持ち上げている。

「占領下に臣籍降下させられた、旧皇族の復帰をするのがスジ」

とした上で

「当面は悠仁親王殿下までは、心配しないでよい。」

「悠仁親王殿下に帝王学をしっかりと学んでいただくようにすべき」

と宣う。

しかし考えてみて欲しい。

敬宮愛子内親王殿下にしても悠仁親王殿下の姉、

二人の内親王殿下にしても悠仁殿下が成人する頃

成人、或いは結婚しているはずだ。

(東宮=嗣子に限るが)

皇室の成人年齢は皇室典範で18歳とされている

内親王や親王を除いて


そして皇室を離れ一般人になっているのだ。

今上陛下の従兄弟や兄弟の子供にあたる

女王(にょおう、じょおう)殿下は全て20歳以上で適齢期である。

今、議論しなければあの広大な皇居に

悠仁親王殿下一人になってしまうのだ。

そしてそれは必ず来る。

産経抄 氏は何と愚かなのだろう。

もう一つ。

「旧皇族が復帰するのがスジ」

だと言う。

なるほどだと思う。
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

ママが手伝ってあげる

元ネタhttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/mature/1267829448/823
2ちゃんねるのPINK板
お母さんとのHな思い出

12873260410009.jpg

小学生の時。
誰もいない自宅の二階で親が買ってきた週刊誌のヌード写真をみながらオナニー中。
夢中で気がつかなかった、母が買い物から帰り、いきなり部屋に入り「いたの?」。
まったく無防備ですべてばれました。
母は近づいてきてベッドの横に座り「もうすぐ中学生だもんね」。
「・・・」
「ママが手伝ってあげる」と言って、ペニスをしごき始めました。

12873260410010.jpg


「だめだよ」と言いながら、あっというまに射精、精液が飛び散った。
母は、「大人になる証拠だから、どんどんやっていいのよ」。
一度きりでしたが、本当に驚きました。その後はなんにもありません。
あの時、母はなにを考えていたのか。
因みに、私の筆おろしは、当時、隣に住んでいた義理の叔母。
私は高校生、叔母は30歳前半。


関連記事

獣・母子性生活・・・母親 由布子の告白

年前息子の童貞を受け止めてから
母子の立場を忘れ歯止めがきかず発情しています。
bg_20111106203628.jpg
洗面所で私のパンティを全裸で穿いただけの息子。
夢中になってオナ二ーをしている息子の姿が
頭から離れません。
母子家庭で生活を続け
小さい頃から肉体の弱い息子でしたが、
肉体だけ華奢なのに。
ペニスだけはこんなに・・・。

ひきこもりがちの息子にとって肉体の成長とともに
女を意識し、妄想していた対象はずっと私だった。
主人と離婚して6年になりますが、他の男性と
付き合う余裕も気持ちもなく
悶々と日々オナニーで自らを慰めるだけ。
経験のあるのは主人だけでした。
性欲が強かったのかもしれません。
週に4回はオナニーしていた恥知らずな母でした。
013.jpg

見られていたとも知らず息子と関係を持って・・・。


(続きます)
関連記事

相姦地獄・・・奈津子

ある昼下がりのこと

LP5UTc.jpg

「母さんスキでたまンない!」
と喚いた息子にベッドに押し倒された。
一瞬何が起こったのかわからず、
ポカンとなった奈津子だけど、
慌ててバタバタと暴れ出した。
体に乗った息子の唇が、奈津子の後ろに吸い付いてきた。
ますます混乱しながらも、
ありったけの力を出して押し退け、
「バ、バカなことしないでっ!」
と言いのこして、息子の部屋から逃げ帰った
息子の暴挙を、
なぜあんなマネをしたの?
と問い糾そうかと、母が思い悩んでる間に日が過ぎた。

LP5UTa.jpg


息子の悠太はと言うと、
スキと言わないで、シようッ!とダイレクトに迫った方が、
デキたかもネとか思ってルだけで、イタってカルイ
母と子の日常が、息子の暴挙に関らず元に戻ったような
平静さをみせるが、
そう単純にはいかない。

LP5UTb.jpg


表向きは何もなかったように
振舞ってもじわじわと、奈津子の心根が溶け出してしまう。
別な言い方だと
“分離”
してしまっていた。
心と身体がここへ来て交ってしまい、
溶けるところは柔らかくなり、
ふにゃけていたところは緊張が戻って堅くなった。
簡単に言うと、オンナを取り戻した
そんな母に反しいたってお気楽な息子は、

“母親が忘れた頃にチャレンジしてみようカナ”
位の気分でいる(MORE・・・続きます)
関連記事