FC2ブログ

2016年07月

月夜に・・・母の熟れた果肉を


0006650973.jpg

実の母と抱き合っても、慣れないうちは
母の心と体が開く前に、一方的に終わっていた。
母の花芽が膨らみ、硬い蕾になりきらないのに、
我慢できなくなる俺は挿入を焦り、ガンガン
腰を打ち突けるだけ。
そんなだから母を行為に誘っても、しぶしぶ身体を
開いてくれてる感じだ。
もっと時間をかけて母の体を愛撫しなければと思った。

深夜。
静かに降ってた雨が上がり、満月が顔を出した。
約束の時間、足音を忍ばせ母が俺の部屋に上がって来た。
タオル地のガウンを肩から落とすと、母の裸身は
碧い月光に、ゴクンッと生唾を飲み込むほど妖艶でキレイ。
母のそんな裸身を引き寄せ、そっとベッドに横たえると、
豊かな母の乳房を揉みながら、熱の籠った接吻をした。

(焦るなよいつものように焦らず、入念に、丹念に。愛撫)
勃起しはじめるペニスから、無理に意識を反らそうとしている。

0006650971.jpg

「・・・どうしたの?いつもと様子が変よ?」
「焦んないで前戯をマスターしようかな?って」
「うれしいけどあまりいじらないで」
「こんなの、使ってみてもいい?母さん」
「いいけど、無理にしちゃイャよ、わたし」
「感じなけりゃスグ止めるから、母さん」

0006650972.jpg

コトが終わって母と息子ではなく 肉体関係を持つ不倫男女の
会話になった。

「最近、ちょっとヘンなのよ、私のからだ」
「ヘンって、まさかっ、妊娠したとか?」
「違うわよ。」
「たまにパパに体を触れられるとね、鳥肌が立っちゃって」
「すごく嫌なのよ」
「どうして?」
「なぜか判らない。変に思われちゃって」
「まさか・・・バレてないよね?」
「それはないと思うけど・・・身体が・・・。」
「我慢できないくらい?」
「ええ」
「どうしよう・・・パパに悪くて」
スポンサーサイト
[PR]

関連記事

淫惑の母 42歳。byもんた

DSCN0592.jpg

(母さんの、割れ目!
痺れる頭で思った。
鼻が触っているのは真正面のところだ。
クリトリスというものがあるあたりだろうか。
初めての僕には何ともわからなかったが、
母の性器に鼻を押し当てているとい
う事実だけで昇天してしまいそうになっていた。
震えた。
そうしようという意識のないまま、鼻を動かしていた。

「んっ、ああっ、そこ感じる」

僕の頭を掻きむしりながら、母が泣きそうな声で言った。
自分が鼻をこねくりつけたことで感じていることを知った僕は、
もっとよく愛撫ができるようにと、秘毛の底に舌を突き刺した。
襞々が寄せ集まっているだけの感じしかないその粘膜は、
思いのほかしょっぱかった。

「あっ、ははあ~ん」

美しい母は切なげに腿をすり合わせ、僕の頭を掻き狂った。
今やっているやり方で、母がかなりよがっていることはわかるが、
それではまだ不満だという思いも僕にはあった。
性器のどこをどういうふうにして、やっているのか、全然わからない。
僕は腰にあてがっていた両手をビーナスの丘に寄せ、
秘毛ごと果肉を剥き開いた。
鼻にかかったよがり声を上げ、内腿を閉じ合わせ恥骨を小刻みに前後させた。
ぴちょぴちょと、粘っこい淫らな音が立った。
果肉を剥き開きはしたが、指をつかっているわけでもなく、
舌を動かしているわけでもなかった。
僕は口を離し、割り剥いた恥芯を見た。瑞々しい桃色の割れ目が
パックリと口を開け、
すぐ目の前には薄いセピア色の襞が舟形に開いていた。
その襞が落ち込んでいる桃色の割れ目はどっぷりと蜜にまみれ、
蜜は今にも滴らんばかりになっている。
淫臭はまぎれもなく変わっていた。
酵えたような匂いはいつしか消え、鼻腔を満たしているの
は何とも甘ったるい、「蜜」としか形容のできないものだった。
母が感じているのは間違いのないことではあっても、
どこをどうすればもっとよくなるのか、どこが一番いいのか
僕にはわからない。
実の母親と初体験することばかりが頭にあって、
具体的な性器のペッティングなど考えもしなかった。

「どこをしたらいいの。指がいい?お口のほうがいい?」
「あなたのチンチンがいいわ」
「それはわかっているけど、指でもやってやるよ、母さん」
そう言って僕は左手の指で恥肉を押し込み、右手の人差し指と中指とで、
割れ目の真正面をぬちぬちとこねくった。

「んっ、あんっ、あ」

と、母は鼻にかかった声を上げ、つかんでいる僕
の頭を支えにして右に左にと腰を振り立てた。
母のその動きで指はすぐはずれてし
まう。それに正面向きではちょっと
やりづらかった。
SPkSq.jpg
僕は左手でお尻をかかえ、体を少しずらして、中指を恥芯に潜り込ませた。
指はどろりと濡れた花芯に没した。
僕はにちょにちょと指を動かした。
DSCN0593.jpg
「ん~あっ、いや」

腰を低めたり腿を突っ張らせて背伸びをするようにしたりして歓びの様を見せた。
僕は指の動かし方を大きくした。
母の歓びの様も烈しさを増し、むせび泣くように股を打ち震わせている。
往復させている中指は、第一関節と第二関節の真ん中あたりまで
果肉にはまっていた。
その指の付け根近くまで果蜜に濡れている。
果蜜はあとからあとからあふれてきている。
(感じているぞ。母さん感じているぞ。ううう)
感じているのが自分のことのように思え
いや、僕自身、いつ爆発してもおかしくない状態だった。
しかしそうであって実際には爆発にいたらないような感じがあるのは
さっきと同じで、
初めて母をよがらせているという緊張感と感激が射精にストップをかけ
ているようだ。
関連記事

母と恋人に

RPqZE.jpg


僕は母と二人暮し。
先日、母と旅行に行った時のこと。
昼間あちらこちら見て回って、とある旅館に宿を取りました。
夕食の後突然母が
「ねえ、久しぶりにお風呂、一緒に入ろう。」
「ねっ」
「いいでしょ?」
といいだしました。
「何言ってるの?」
そう僕は、照れや恥ずかしさから言いました。
でも結局、母の強い希望で貸切露天風呂に行くことにしました。
お風呂は大きくて気持ちのよいもので、
時間が早いせいか僕達母子以外に
客は見当たりません。
母親とはいえ、女性の裸体を生で見るということになれていない僕は
どうしても母の身体が気になり、ちらちらと盗み見てしまいます。
以外にも母は結構胸が大きくて、それが視界に入って思わず、
僕は勃起していました。
いざ体を洗う段になり
並んで体を洗っていたんですが、どうしても僕のものは元気一杯で
収まってくれそうにありません。
母が、
「さとし。」
「どうしたの?こんなになって。」
当然、母に気付かれてしまい、そう言ってきました
僕は
(言い訳しなきゃ・・・。)
と焦っていたら、
「へえー、お母さんにでもこんなになるんだね(苦笑)。」
悪戯っぽく微笑むと
僕の横にひざまづき、いきなり僕を握って。
「お母さん、嬉しい。」
「私の身体ってまだまだ、いけるのねえ。」
「こんな元気なもの見せられたらその気になるじゃない。」
そういうが早いか、断りもなく僕のペニスを口に。
僕は急な展開にただ唖然としてその光景をみているだけでした。
洗い場の腰掛に座っている僕の股間で母の頭が、前後に激しく動き、
母は僕のものを口いっぱいに頬張ると僕の亀頭をせめてきます。
時おり上目遣いに僕を見上げる母を見ていると興奮し、
ますます僕のものは大きく、そして堅く反り返ってしまいます

SPkSq.jpg


「さとしのって大きい。」
「長くて、堅くって素敵。」
実の母子なのに母はすっかりその気になっていました。
僕も
(母を抱きたい。)
という気持ちでした。
母はひとしきり僕を責めると洗い場の腰掛けに座っている
僕のひざの上にまたがると、
「お母さんがしらない間に大人になったね。」
そういうと抱きついてきました。
あの大きな母の乳房が僕の゚顔や胸に触れ、
やわらかくつぶれる感触で
もうたまらなくなりました。
僕は母にキスをせがみました。
乳房(おっぱい)も揉みました。
でも母は抵抗しませんでした。
僕は母のおっぱいを吸いました。
でもそれ以上、遮二無二母の胸に顔をこすりつけていると
母は気持ちを察したのか、
「さとし。」
そういうと浴槽に手をついてお尻を僕にむけました。
僕が母の腰に手をあてても何も言わないし、それどころか、
僕のものを握り、僕がこの世に出てきた場所に
誘導しようとします。
それで僕は母がOKしてくれたものと思い、、腰を使っていれました。
母の中はとても暖かくきもちのよいものでした。
その上、僕のものを柔らかく包み母が呼吸をするたび
襞が刺激してきます
僕はすぐに動かずしばらくその感触を楽しんでいました。
「どうしたの?」
「お母さんの感触を感じていたんだ。」
「お母さんも不思議な気持ち。」
「あなたのがはいってるなんて。」
「ねえ、突いて。
僕は母の言葉に答えました。
気持ち良いものでした。
母は小さくハァハァと喘いでいました。
挿入したあと、1分ぐらいしか持たずに快感に襲われ
たまっていたものを中にいっぱい出しました。
母は全部受け入れてくれました。
実母とその息子という一線を越えた後は
その後も当然のように、関係は続きました。
露天風呂でそういう関係ができたその日、旅館の布団の中でも
自然に求め合いました。
母はこうなる覚悟で、
「一緒に・・・。」
と言ったみたいです。

b36MC.jpg


ずいぶんセックスから遠ざかっていた母とやりたいさかりの僕は、
お互いにひとつになることを求めることが多くなりました。
母の希望で、セックスしているときは
呼び捨てにするようにしています。
「二人でするときは恋人としていると思ってね。」
っていわれてるので。
この関係は母の思惑どおりだそうです。
このままどうなるのか不安な面もありますが
今は結果オーライ?かな。
関連記事