FC2ブログ

母の顔から女の顔へ・・・母 久美子と息子 誠 の日常

http://erokappa.blog104.fc2.com/blog-entry-53.html
リニューアルしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「俺、今夜遅くなるから。」
誠が誰宛という風でもなく言いました。
「食事は?」
「済ませて来る。」
「へえー、ひょっとして、お兄ちゃんデート。」
「いいな。」
美和が茶化するように後に続けました。
「そうなのか。」
「お前も女ができたんだな。」
「ま、今年で20歳だし、いても不思議じゃない。」、
夫は娘のほうを向くと
「美和はまだ中学生だし、早いからな。」
そう釘を刺します。
娘は
「何よ!それ。」
「非道いなあ。」
誠は自分にはまるで関係無いかのように
澄まして聞いています。
そんな、夫と娘の会話を聞きながら
夫と娘に気づかれないように彼の方に視線を
投げました。
彼も私に向かって目で応えるのでした。
「私も、今夜は遅いから。」
「美和、お父さんの食事の支度をね。」
「あっそうか、」
「今日だっけ。」
「忘れてた。」

xup4szsksph.jpg


息子のデートの相手は、母親である私です。
彼とは半年ほど前から男女の関係になって
いました。
同じ家に住む母子同士で。
この秘密の淫らな関係を続ける方法は、
今のところは週に一回程、外で逢うしか安全
な手段が有りません。
そして今日が、私も彼も待ちに待ったその日です。
今日息子は、大学を休んでいます。
これから、外で待ち合わせをしてしていました。
いつもの一家団欒の朝の中、夫と娘の前では
何気ない平静を装っている私。
これから彼に抱かれることを想うと、
下半身を熱くせずにはいられません。

夫と娘の美和の他愛もない会話を聞きながら、
夫と娘に気づかれないよう、反対側に座る彼に
濡れた視線を投げると
不意にテーブルの下から悪戯を仕掛けてきました。
足を伸ばしパンティ越しに足指でクロッチ部分
を攻めてきます。
テーブルクロスが死角となって、夫や娘は気づきません。
彼に怒った様な視線を送りながらも
愛撫し易い様脚を広げスカートをすこし
捲り上げます。
逢瀬を楽しむしか手段のない私達にとって、
こうした家の中での行為はとても刺激的です。
「お兄ちゃんの彼女って、きっと年上の女性ね。」
不意に美和が言いだしました。
「何でそう思うんだ?」
彼は、不意をつかれ足の動きを停めますが
引こうとはせずに表面上、平静さを装います。
「女の勘 ?かな(笑)」
「お母さん、そう思うでしょう。」
彼女が私に話題を振ってきます。
内心ぎくり。とするものの
「つまんないこと言ってないで、早く食べて。」
「もう7時半じゃないの遅刻するよ。」
そう受け流すと急いで立ち上がり洗い物に
かかりました。
全員を送り出して
あまり彼を待たせる訳にはいきません。
外出支度に急いでかかりました。
でも、彼に抱かれるための準備は入念です。
彼にネット通販で買ってもらった
セクシーなもの
ブラは寄せてあげて谷間を作るもの
ショーツは股割れタイプです、
当然あそこの毛はこのために手入れしています。
ストッキングは
パンティストッキングタイプではなく
ガーターストッキングタイプ。
口紅も少し濡れた感じのするグロスタイプ
を使います。
少しあいメイクもきつめにして
化粧にあわせてお洋服も、スリットの入った
少し露出気味のもの。

出来上がったのは
自分でいうのもなんですが。

「少しケバめのセレブマダム(笑)」

そして急ぎ待ち合わせ場所へと向かいます。
それは、胸をときめかせながら娘が
恋人に会いに行くかの様です。
彼はいつも、隣町の駅に車を止めて待っています。
その車に乗り込みました。

「ごめんなさい、遅くなってしまって。」
「遅かったじゃないか。」
「精一杯のお洒落をしていたから。」
「いつもの外出着。」
「エッチな下着を選ぶのに手間取ったからね。」
「どうせすぐ、水をこぼしたように濡らすから別にいいんだけどね」
そう言いつつ腕を回してきて下着を確認する
誠でした。
「外から見られるでしょ」
車の外が気になりますが着衣の乱れも直さず、
彼に身を預ける私です。
「それに。」
「お母さんじゃなくって、名前で」
「久美子って呼び捨てしてよ。」

私が母の顔から女の顔へ変わる時でした。
「それより。」
「私達の事気づかれそうで心配。」
「気のせいだよ。親父は大丈夫。」
「問題は、美和かな?」
「今朝は少しびっくりしたよ。」
「美和の前では慎重にしないと。」
「じゃあ」
「こうして外で会うのも少し控えようか?」
「我慢できる?」
「久美子のここは」
“我慢できない”
「そう涙を溢れさせているけど。」」
股割れタイプ下着の穴から指を挿れ、
すでに濡れているあそこを直に愛撫しながら、
意地悪く彼が言うのでした。
「もう!」
「意地悪なんだから。」

xup4thcfwub.jpg

朝、彼から足で受けた淫らな愛撫を思い出し、
指での愛撫に再び感じ始め、
自然と彼がさわりやすい様にしてしまう。
彼は、私を指で愛撫しながら、車を走らせています。
今日の予定は映画を見て、昼食の後
夜までホテルでの時間でした。
映画館に着く頃。
私のあそこは既に洪水状態になっているでしょう。
館内で彼に指ででもいいから昂ぶりを
鎮めてもらわないことには
気が狂いそうです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]