FC2ブログ

夢裸身百夜#009

毎年暮れからお正月にかけて、伊豆の東海岸で
ダィビングをするのが恒例になっている。 
去年、ここで息子と肉体関係をもってしまい、
この一年は混乱しながらも爛れた性生活をつづけてしまった。 
夜になると当然のように息子は私の上に乗ってくる。 
都会と違って夜が長い。 慣れた仕草で私の裸身を愛撫する。 
行為に入ると彼は夫のように振る舞い、私は私で、初心な少女のように
身を縮じめて身を震わせ、 やがて彼の手の動きに合わせて裸体を舞わせている…
low735_20160128191522c71.jpg

 彼は私と結婚したいと望み、ふたりの赤ちゃんを欲しがった。
実の母と子だという世間の常識をいくら言い聞かせても、
「カンケーない」
と、意に介さない。 
そんな無邪気さに私の頭までおかしくなる。 彼との夜を迎えるのに、下着に気を使い、
薄く寝化粧さえして息子を待つような女になってしまう。
彼は時間をかけて私の全身を舐めまわす。
その執拗さは徹底していて、途中で何度も私を裏返しにしては、
それこそ頭のてっぺんから、足指の一本一本まで、丹念に丹念に舐めまわす…
up3195_20160128191525f00.jpg

 今夜、彼の舌と唇は私のお尻の割れ目で、そんな執拗さを際立たせる。
思いっきりお尻の割れ目を広げ、嫌がる私にお構いなしに、恥ずかしいアヌスを
責めまくってくる。 
絶え難くなるのに、
「今夜こそ、ここをもらうよ!」と。
その不条理に思える息子の狙いに、なかなか観念できない。
その夜の、それから明け方までつづいた地獄のような業苦は言葉で表せない。
不快さを通り越し、激痛に幾度も意識を失いかける。
「あなた、欲しいのは私の肉体だけなの?」
「え…?!」
ヒスを起こした私は、彼に抱きかかえられ、
明け方の浴場で、バラバラになったような体を沈めている。 
念願の目的を果たした息子は妙に優しくなる。

up3194_201601281915237d9.jpg


「私は、あなたの奴隷じゃないわ!」
彼の厚い胸の中でいくら恨み言を言っても、
口を吸われて抱きしめられたら、
もういつもの彼の「女」に成り変っている私は・・・実の母。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]