FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜に・・・母の熟れた果肉を


0006650973.jpg

実の母と抱き合っても、慣れないうちは
母の心と体が開く前に、一方的に終わっていた。
母の花芽が膨らみ、硬い蕾になりきらないのに、
我慢できなくなる俺は挿入を焦り、ガンガン
腰を打ち突けるだけ。
そんなだから母を行為に誘っても、しぶしぶ身体を
開いてくれてる感じだ。
もっと時間をかけて母の体を愛撫しなければと思った。

深夜。
静かに降ってた雨が上がり、満月が顔を出した。
約束の時間、足音を忍ばせ母が俺の部屋に上がって来た。
タオル地のガウンを肩から落とすと、母の裸身は
碧い月光に、ゴクンッと生唾を飲み込むほど妖艶でキレイ。
母のそんな裸身を引き寄せ、そっとベッドに横たえると、
豊かな母の乳房を揉みながら、熱の籠った接吻をした。

(焦るなよいつものように焦らず、入念に、丹念に。愛撫)
勃起しはじめるペニスから、無理に意識を反らそうとしている。

0006650971.jpg

「・・・どうしたの?いつもと様子が変よ?」
「焦んないで前戯をマスターしようかな?って」
「うれしいけどあまりいじらないで」
「こんなの、使ってみてもいい?母さん」
「いいけど、無理にしちゃイャよ、わたし」
「感じなけりゃスグ止めるから、母さん」

0006650972.jpg

コトが終わって母と息子ではなく 肉体関係を持つ不倫男女の
会話になった。

「最近、ちょっとヘンなのよ、私のからだ」
「ヘンって、まさかっ、妊娠したとか?」
「違うわよ。」
「たまにパパに体を触れられるとね、鳥肌が立っちゃって」
「すごく嫌なのよ」
「どうして?」
「なぜか判らない。変に思われちゃって」
「まさか・・・バレてないよね?」
「それはないと思うけど・・・身体が・・・。」
「我慢できないくらい?」
「ええ」
「どうしよう・・・パパに悪くて」
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。