FC2ブログ

家庭内不倫に脅えて

p001.jpg
←ポチっとお願いしますw


母は、俺と関係が深まると、身体が
ふっくらしてきた。
肌のツヤもしっとりした光沢で、日増しに
瞳も澄んでくる。
生活に不安な仕草がなくなり、時には
鼻歌まで聞こえる。
しかし、夜になって父の帰宅時間が迫ると
途端に一変、
おどおどして、落ち着かなくなり、脅えたように
なる。

その時刻になると、決まって母は俺の
胸の中で、体を縮ませ、夜が来るのを嫌がる。
不安そうな母の体を抱き締めてると愛おしくて
堪らない。
ただ黙って抱き締めてるだけだ。
父は毎晩一分の狂いもなく帰宅する。
抱き合ったまま、お互い時計に目をやる。
あと五分か十分で玄関に音がするはず。
耐え切れないように
母は俺の唇を求めてくる。
軽く触れるだけの口づけでは済まなくなり、
必死に俺にしがみ付いてきて、
乱暴なディープキスを求め、俺の手首を握ると
股間に導きいれようとする。
俺はそんな母の必死さに、指先で秘肉を
やさしく愛撫する…

p010.jpg

月に一度か二度、母を家から連れ出し
気分転換を兼ねホテルを利用するようにした。
そのデートの日が待ち遠しく
母はカレンダーに、印まで書き込んでる。
家で父の雰囲気を感じながら愛し合うのと違って
かなり大胆にベッドで振る舞い、俺の方が
圧倒されそう…
p007.jpg

ホテルという開放感からだけでなく大胆さは
一種の女性の本性かもしれない。
頭では恥ずかしがっても、身体は
女性器を俺に見られたり弄られ
すごくうれしそうだ…
intro_ques_img.png

大きく広げて、果肉をさらせばさらすほど
彼女は興奮してくる。
(そんなに見ないで・・・)
自分から両腿を開いて奥まで覗かせようと
する…

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]