FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間眠神社の雨 renew

266.jpg

『じつは、あんたに、話があるの』
そう言うときぬは息子の左七の股間から顔を上げ、
痴呆のようになって横たわっていた左七を、
起き上がらせました。
息子の一物は、きぬの残酷ないたぶりで、
隆々と隆起したまま感覚がなくなってしまい、
異様なくらい勃起したまま天を突いています。
『私を抱いておくれ』
そう言ってきぬは自分から、胡座をかいて座った
息子の膝の上に身体を乗せると、
一物をしっかりと自分の胎内に収めてしまいました。
『あんたの子供を、身篭ってしまった。』
きぬは動きながらそう言って
左七の首に両手を回すとしがみ付いてきました。
左七にしてみれば、ただ呆然となるだけで、
肥大したものが
きぬの柔らかい朱肉に包まれている至福感に、
もうなにも考えられません。
緊張したまま感覚がなくなってしまっていた一物を、
きぬの蜜壷の心地よい疼きが熔かし、
堪らず激しい爆発がはじまりました。
左七はきぬのお尻を両手で思いっきり引き寄せ、
それでも足りず、十本の指の爪をきぬの尻肉に
食い込ませるほどに、
きぬの胎内の奥の奥まで挿し貫き放出を始める。
と、
さすがのきぬも、そのあまりの激しさに
怯えたような表情さえみせます。
左七の放出はいつ果てるともなく
延々と続くようでした。
先に意識を失ったのは左七の方。、
放出しながらばったりと白目を剥いて
倒れ意識がないのに体液の放流が母親である、
きぬの胎内で続いて、
ついにきぬも甲高い悲鳴をあげながら
絶頂に達しました。
192134.jpg





266.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。