FC2ブログ

豪(たけし)と母、良恵



豪と良恵

Clip0270.jpg



息子の豪は母の良恵が好きになり、
思いあまって打ち明けた。

06300.jpg

それから暫くして。
父親の不在日。
「どうしても?」
「絶対パパに秘密。」
「約束できる?」
執拗さに根負けして、
父親が不在の夜
豪の部屋に来てくれた。
強引に実の母を誘った豪の方が
決心をかためてくれた母を見て
「しまった。」
と思った。
その気になってくれた母は、
別人になったようでステキ。
なのに、豪はいまだ童貞だ。
「こんなことなら・・・」
と悔んだ。
その方が、母を上手く愛せたのに。
それほど実の母が
すばらしい女性に見えた。
06302.jpg
「母さん」
「俺・・・初めて。」
「一度っきり。」
お互いそんな確認をして
部屋を暗く、そしてお互い
それぞれ着ているものを脱いだ。
裸になった頃、暗さに
目が慣れてきたから、
相手の裸に
ドキドキするのは
息子の方。
こればかりは
仕方がない。
母親の方は、
我が子の股間に
“ちらり”と
視線を落とした。
が、あまりの立派さに
悔やみはじめる。
その勢いは父親よりも
立派で夫を裏切る罪の意識が、
今頃湧いた。
それまでは息子の
性教育程度位にしか
考えていなかった。
彼女に
“息子との不倫である。”
という意識が芽生えると、
夫のことが頭から消えなくなる。
(こんなこと出来ない)
と煩悶し、肉体が
硬直してしまう。
yamamoto_chidu.jpg

豪は裸になって、母の様子が
おかしいことに気がついた。
トントン拍子に運んでいたのが、
いきなり分厚い壁に阻まれた
ような感じだ。
実際、その通りなのだが
彼には未だ母が
躊躇しているように
思えた。
結局、息子が当初の想いを
遂げられたのは、
翌朝の明け方。
朝日が顔を出す直前だった。

06301.jpg



延々と母を宥めたり賺かしたり
或いは脅したり。
さらには懇願したりした。
母親の方は
息子と言い争ったりしたあと
一旦彼の部屋から逃げ出した。
が、裸のままで息子は
産みの母を追ってきた。
夫婦の寝室にまで付いてくると
ベッドに乗り、
「どうしてもダメなら、手で。」
と迫られ彼自身を握った。
また悪いことにその感触が、
彼女を怖気づかせる結果になって、
寝室を出てバスルームへと逃げた。
息子は追いかけてくる。
この頃になると彼は
エスカレートして
母をかき抱いて
口を吸おうとする。
彼女は許さない。
彼の我慢も限界で、
そろそろ切れそうになる。
「何故?」
「だって・・・。」
「やっぱり出来ない。」
「お願い、諦めて。」
傍目から見ると全裸で
『母と子の鬼ごっこ」
なのだが。
こうして家中を追いかけ、
母は逃げ回る。
そんなに広いはずもない
家の中。
午前三時頃になると出発点に
戻っていた。
体力的に母の方が
ダウン寸前で肩で息をして、
身体に乗りかかる彼を
押し返す腕にも力が
入らない。
顔を背け息子の口から
逃れるのが精一杯だった。
そして。
とうとう、夫に心中で詫びる母の
両腿の付け根に息子の頭が沈み、
前後左右に揺れ動き始める。
体力もそうだが神経も
限界に近づいていた。
意識朦朧となり
まるで古事記の国産み神話の
如く。

06303.jpg
彼の為り余れる処は
母の為り余らざる処に
狙いを付け・・・。
そして一気に挿入されたとき
押し殺した悲鳴を
あげてしまう。
その後彼女は
昏睡状態になった。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]